警告灯が伝えるトラブル

警告灯が伝えるトラブルのこと

充電警告

 

メーターパネル内の警告灯で分かりにくいものの一つに充電の警告があります。これはバッテリーのマークの警告灯で一見するとバッテリーの異常のように見えますが、実際にはそういうわけではないことの方が多いです。単純にバッテリーが弱っていたりして電圧が下がっているときにこの警告が付くことはまずありません。何故ならこの警告に限らず基本的にエンジンがかかっている状態で警告されるのでエンジンがかかっている場合には、エンジンの発電機、オルタネーターから電力が供給されているので、よほど異常な状態でない限り、この警告は付きません。つまり実際にはバッテリーの異常ではなく、発電系の異常である可能性が高いのです。バッテリーの異常ならばバッテリーを交換するだけですから、ディーラーにいくまでもないことですが、発電系の異常であるとそうは行きません。オルタネーターの交換、あるいは修理となる可能性が高く自分で修理するような箇所ではありません。またオルタネーターケーターベルトの緩みで十分な発電が出来ずに以上の警告が出ていることもあります。まずはベルトの張り具合は点検してもいいと思います。そこの異常がなければ、もう素人のすることはありません。

 

コメントを受け付けておりません。