警告灯が伝えるトラブル

警告灯が伝えるトラブルのこと

自分で対処できる警告

 

自動車のメーターパネルには様々な警告灯があります。それらは自動車の異常が生じている事を知らせてくれる重要なサインで点灯した場合にはそのまま放置することなく速やかに対応する事が安全な運行の為に重要です。その多くは整備工場で点検整備をしてもらわなければならないような専門的な知識や技術が必要な物ですが、自分で対処できるようなものもあります。まず一番はシートベルト警告です。もちろんシートベルトをきちんと装着すれば消えます。それ以外に方法はありません。それからやや難しいかもしれませんが、テールランプなどの灯火類の異常をしらせるものです。これは普通電球が切れているのでその電球を交換すれば消えます。またABS、アンチブレーキロックシステムが作動した場合、警告されます。これは一旦エンジンを止めれば消えます。トラクションコントロールの警告もそうです。しかし今あげた以外の多くの場合は専門知識が無いがない場合には対応できない場合がほとんどですので、軽く考えず整備工場などへ相談するのが良いでしょう。多くの場合には何らかの修理となり部品交換などが必要です。エンジンチェックなどのように警告はされているが、何も症状がないということも多いのですが、早めに点検する事をおすすめします。

 

コメントを受け付けておりません。