警告灯が伝えるトラブル

警告灯が伝えるトラブルのこと

燃料警告

 

クルマの燃料が減ってくると警告灯が点灯します。
警告灯はガソリンタンク内のガソリンが一定の消費をすると警告として点くものです。
点灯するタイミングは車両により異なり、通常のガソリン車であれば残量10リッターで点灯するものが多いです。
燃費性能の良い軽自動車では5リッター残量で点灯することが多く、最新型の低燃費車量ではそれ未満の残量で点灯することもあります。
車種により設定が違い、一概に言えないですがたいていの場合警告灯が点灯して50キロ程度は走れることが多いです。
ガソリン満タン時よりもタンク内のガソリンが減った時の方が若干ではありながら燃費は良くなる傾向が見られ、さらに、安全速度での走行により50キロ以上走行が可能なことがあります。
ただし、アップダウンが多い、山道や渋滞に差し掛かった場合に必ず50キロの走行が保証されるものではありません。
当然、排気量や運転方法によっても燃費自体が大きく変わるため、しっかりとした数値は確定しているものではありません。
最近の新型車では航続巡航距離がデジタル表示される車種もあり、これにより運転者に警告を促します。
ナビと連動性を持ち、残量で走行できるスタンドを教えてくれる最新の車もあります。

 

コメントを受け付けておりません。